メンズ脱毛と日焼けの関係について

メンズ脱毛と日焼けの関係

メンズ脱毛を始めるにあたり脱毛の安全性と効果に大きく関わる要素として"日焼け"があります。

多くの男性の方は特に夏場など普通に生活しているだけで日焼けをするので、多少の日焼けは気にしない人がほとんどですが。

しかし、日焼け予防のケアをしない状態だと夏場の脱毛施術をお受けできない可能性がありますので、なぜ日焼け肌への脱毛施術が不可能なのかをご説明します。

日焼け肌へ脱毛施術をするとどうなるの?その1

日焼け肌への施術は痛みがある

脱毛施術時の痛みが増します

当店で行っている光脱毛は毛の黒い部分(メラニン色素)に反応する特殊な光を用いて、毛の奥に熱を加えます。しかし、日焼け中の肌は紫外線によって皮膚の中でメラニン色素が増殖している状態で、本来であれば毛のメラニン色素にのみ光が反応しなければならない所、肌に含まれるメラニン色素にも光が過剰に反応してしまいます。それにより、熱が伝わる面積が大きくなり痛みもより感じやすくなってしまいます。

   

※レーザー脱毛も同様にメラニン色素に反応するレーザーを使用した脱毛方法なので、日焼け中の肌への施術はできません。

日焼け肌へ脱毛施術をするとどうなるの?その2

肌トラブル・火傷の原因になる

肌トラブルに繋がります

日焼け中の肌へ施術を行う事で、広い範囲に過剰な熱が蓄積されるので、場合によっては火傷などの肌トラブルを引き起こす原因になります。また、日焼けをしている肌の表面は乾燥状態ですので脱毛施術による刺激により毛嚢炎や色素沈着などのリスクも存在します。

日焼け肌へ脱毛施術をするとどうなるの?その3

脱毛効率が下がります

脱毛効率が下がります

日焼け中の肌へ脱毛施術を行うと、本当なら黒い毛に伝わるはずの熱が黒くなった肌にも吸収されてしまいます。そのため、毛に十分な熱量が伝わらず脱毛効率の低下に繋がります。

安心してメンズ脱毛を行うために

日焼け予防

日頃の日焼け予防をお願いします

ここまで日焼け中の肌への脱毛施術のリスクをご紹介しましたが、安心してメンズ脱毛を受けて頂く為に日焼けの予防についてご紹介します。

  1. 脱毛期間中は可能な限り昼間の行動を控える
  2. こまめに日焼け止めクリームを塗る
  3. 長袖、長ズボン着用で肌の露出を控える

一般的な日焼け予防対策になりますが、小まめな対策を重ねる事で日焼けの程度を抑える事が可能ですので、是非実践してみてください

メンズ脱毛専門TREZEHOMMEでは、日焼け状態によっては脱毛施術が可能ですので日焼けによって脱毛を諦める前に、一度ご相談ください。