別府メンズ脱毛TREZEHOMMEが男性の永久脱毛について情報をお届けします

永久脱毛とは

脱毛をお考えの男性の中には「脱毛完了=永久に生えてこない」と思われている方も多いのではないでしょうか?

現代の解釈では永久脱毛は完全に毛が生えなくなる事ではありませんので、メンズ脱毛と永久脱毛の関係について詳しく説明していきます。

永久脱毛の真実

メンズ脱毛を始める前に永久脱毛についてご理解ください

永久脱毛の定義

永久脱毛の定義は、FDAやアメリカの電気脱毛協会という機関が作成したものを適用します。

FDAの定義:3回の脱毛施術後、半年が経過した時点で3分の2以上の毛が減少していること。

電気脱毛協会の定義:脱毛施術後に1カ月経過した時点で毛の再生率が20%以下であること。

このように、永久脱毛の定義として脱毛後に「毛が生えなくなる」と記された定義はありません。ですので、永久脱毛を掲げている場合でもある一定の割合で毛は生えてきます

永久脱毛を謳えるのは医療機関のみです

永久脱毛は医療機関のみ

1984年に厚生労働省が「所謂永久脱毛を医師以外が行った場合、医師法違反とする」また、2001年には「医療用機器かどうかに関わらず、高出力の光を照射して毛乳頭などのもう細胞を破壊する機器を、医師以外が使用することも、医師法違反にあたる」と定められました。そのためと定めました。その為ニードル脱毛やレーザー脱毛といった毛の細胞を破壊する「永久脱毛」は医療機関でしか行えないという決まりがあります。

永久脱毛以外の脱毛方法は意味がないのか?

光脱毛でも脱毛効果はあるのか?

永久脱毛以外の脱毛方法は意味がないのか?

ここまで読まれた方の中には、脱毛しても効果がないのでは?永久脱毛しか選択肢がないのか?と思われた方もおられるのではないでしょうか?

結論から言いますと、脱毛サロンでの光脱毛やクリニックでの医療レーザー脱毛でも、毛の再生率を低下させることは可能です。毛の再生率=0%は不可能ですが、繰り返し脱毛施術をお受け頂く事で自己処理不要、処理回数の頻度を減らすことは可能です。

光脱毛もレーザー脱毛も普及してから約30年程の新しい技術ですので、効果の継続性もこれから分かるものになります。脱毛施術を受ける事で毛が減ることは実績としてありますので、永久脱毛かどうかはあまり心配せず脱毛を始められることをおすすめします。

TOP